車検とは何か


車検とは何か

車検は1930年にタクシー、バスなどの安全を確認するために始まりました。 その後1951年に一般車も安全確認のため、車検が義務付けられました。車検とは車両検査のことを言います。 これは、自動車が道路運送車両法で定められている保安基準に対して、きちんと適合しているかどうかを、環境や安全性の面で検査する制度です。 車検は新車購入時のみ3年、一般的には2年に1度の検査が義務付けられています。車を長年使用していると劣化している部分が出てきます。 エンジン、ブレーキなどに欠陥があった場合、他人に迷惑を掛けることになりかねません。
従って定期的に車検をすることで、自動車の構造や装置をチェックし、道路交通の円滑化を図ることができます。 この車両検査には大きく分けて2種類あります。一つは全てをディーラーや民間の車検専門業者などに任せる方法です。 ほとんどの人はこの方法で自動車を車検に出しています。もう一つは、車検場に自分で自分の自動車を持ち込んで車検を受けるやり方です。 これは整備工場や代行業者または自分で車を持ち込む人などのパターンがいろいろあり、ユーザー車検と呼ばれてます。 ユーザー車検は、ディーラー車検より格安なので注目を集めています。しかしこの場合はある程度車の知識があり、 自分でメンテナンスができる人でないと向いていません。車検は有効期間の1ヶ月前から受けることができます。 もし車検切れの自動車を運転すると、道路交通法違反で無車検運行という重い罰則が科せられます。 有効期間が切れた場合は、速やかに仮ナンバーを付けて車検を受けに行く必要があります。



ページTOPへ